二人の息子達に四苦八苦  頑張りも、悩みも、喜びも共有したい! サンディエゴ情報も☆


by Moon-in-the-ocean
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

突然の電話 痛い想い

日本の母から珍しく電話がありました。

お祝い事などには電話してきますが、最近はそれ以外ではメールでやり取りはしても、滅多な事では電話をしてこない母。そういう電話は嫌な予感が付いて廻ります。

そして知らされたのは叔父の1人が亡くなったという事。
叔父といっても母の妹の旦那なので、直接血のつながりはないものの、母も叔母もお互いの子供が生まれた時からもちろん知っています。叔父は父の仕事の同期であり、友人でありライバルであり、義兄弟でありました。

サンディエゴはアメリカで生活をする2箇所目にあたりますが、1箇所目に住んでいた時も伯父の1人を亡くしました。



アメリカに住んでいるから帰って来るのも大変だから、後で知らせようと思って。


前回も今回も、私よりももっともっと悲しくて辛い立場にいる人達が痛いまでの思いやりをかけてくれるのは、ある意味ちょっと辛いです。
アメリカにいてすぐに帰れないから。帰るとなるとお金が掛かるから…。
大事な人が亡くなっても簡単に会いにも行けない。

後で電話をしてあげて、と叔母の電話番号をもらったものの、どう言葉を掛けて良いのかわかりません。会いに行けないのを謝るしか出来ない。
いざ電話を掛けたら、わざわざアメリカから電話を掛けたと言うだけで申し訳なくも叔母を泣かせてしまいました。ずっと小さな頃から知っている叔母が泣くのを聞くのは本当に辛いです。

日本にいて何も出来ない、ただ一緒にいることすら出来ないふがいなさを感じるばかり。

「あんたが日本に帰って来るまで元気でいるから」


お願いだからこれ以上減らないで下さい。日本に帰らなくても元気でいて下さい。
そう思いながら自分の両親を心配せずにはいられません。ちゃんと医者に行ってるのかな。検査してるのかな。親や自分の年齢が上がっていくのは覚悟しないといけない事ですが、それでも失う事に慣れることは出来ません。




にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by Moon-in-the-ocean | 2011-07-14 11:44 | こんな毎日